人工透析で治せる|自宅からラクラク通院できる

恐ろしい病気

聴診器

肺がんは、日本人の15人に1人の割合で罹る病気だとわかっています。とても高い発生率なので、病院の外科に肺がんの治療に訪れる人は多いです。そもそも肺がんとは、肺や気管支、肺胞の一部ががん化してしまう病気です。早期に治療をしないと、血液やリンパからその他の器官にまで広がっていきます。肺がんになる主な原因といわれているのが、喫煙です。そもそも煙草には、人間の身体の機能や細胞に悪影響を与える有害物質が多くあります。なので、煙草を多く吸えば吸うほど、肺がんにかかるリスクが上がります。その他の原因として考えられるのは、大気汚染です。人間は、空気中の雑菌、埃、化学物質などを知らず知らずのうちに吸い込んでいます。基本的に、ほとんどの有害物質は気管で取り除かれていきます。しかし、常に汚い空気を吸っていると、肺の末梢部分にまで届くことがあります。すると、活性酸素が過剰に発生する事で、腫瘍に発展します。

肺がんは、早期の状態で発見して治療をすれば確実に治せます。40歳以上から罹患率が高くなるので、年配の方は定期的に病院で検査を受ける事が大事です。病院での肺がんの検査方法として、PET検査が有効とされています。これは、放射能を含んだ検査薬を体内に入れる検査方法です。がん細胞というのは、体内ですざましいスピードで増殖していく傾向にあります。したがって、正常な細胞よりも沢山のブドウ糖を必要とする特性があります。PET検査は、その特性を活用した検査方法といえます。検査薬として、ブドウ糖によく似た成分に放射性物質を結合させています。したがって、体内に入れると、がん細胞がある場合、検査薬に多く集まるというわけです。この検査では、がんの大きさや度合いまで診断できます。

Copyright © 2016 人工透析で治せる|自宅からラクラク通院できる All Rights Reserved.